保育園の給料が上がらない理由

subpage01

待機児童の問題や保育士不足の問題など保育園を取り巻く問題は最近数多く取り上げられています。

評価の高い保育士の就職の口コミ情報をまとめました。

その中で、根本になると考えられるのが保育園で働く人の給料の問題です。保育園は基本的に認可されている所と認可されていない所があり、認可されているところは国や自治体の補助を受けているため保育料が安く設定されています。


しかし認可されていないところは補助を受けていないので、実際には保育料が高いという傾向があります。

保育園の給料の正しい情報はこちらです。

これだけを見ると補助を受けている認可されているところは給料が高いのではと思えます。しかし、認可されている所では保育料が指導で決められてしまっており、これを超えた保育料を徴収することは基本的にはできません。そのため実際には補助だけでは十分な費用を賄うことができず、しかし保育料を上げることもできず、結果としてはたらく人の給料を上げられないという悪循環に陥っているということができます。
但し、これを解決するためには様々な問題があります。



保育料を上げれば子供を預ける側からの不満が発生しますし、補助を増やすことは最終的には税金を使うということなので多方面からの反発は必至です。


しかし人件費を減らす為に保育士を減らせば、現在でもぎりぎりの状態で運営している保育園の経営に大きな支障を来すことになりかねないですし、何より保育士一人ひとりの負担が大きくなってしまうのが大きな問題となります。

保育園の給料が上がらない理由は実は日本の保育制度が抱える非常に重要な問題ということができるものです。


求人をもっと知る

subpage02

保育士というのは、非常に転職を始める時期に迷う職業です。辞めるタイミングに合わせて転職活動というのは行うものですが、保育士ならではの事情が強く出る場合もあり、困ることが多いです。...

NEXT

求人の補足説明

subpage03

一昔前までは結婚して妊娠した女性の多くは会社を辞めていましたが、今では子どもを生んだ後も会社を退社せずにそのまま働き続けるケースが増えています。会社側としても有能な人材を確保したい思いが強いので、職場環境を改善して子どもを生んだ後でも働きやすいように色々と工夫しているところが多いです。...

NEXT

サポート情報

subpage04

保育園の求人を探す時は、お給料や待遇だけでなくどれくらい保育園に余裕があるかということも見ておくといいでしょう。電話にもあまり対応できなかったり、掃除もきちんと行き届いていないようなところであれば保育士の数が足りておらず、採用されてもきちんと自分の仕事を全うできないようなこともあります。...

NEXT

難しくない求人

subpage04

仕事量が多かったり、大変な仕事であればそれなりの収入になることも多いですが、責任が重く大変な仕事の割にはお給料面で納得のいかないことが多いのが保育士の仕事です。公立の保育園で働く保育士であれば休日出勤がない場合がほとんどですが、早朝保育などを行うことも多いので、決して時間に恵まれている環境でもないでしょう。...

NEXT